ベラジョン アプリ なくなったk8 カジノ健康・医療情報データプラットフォーム構築に関する覚書を締結仮想通貨カジノパチンコラブ 嬢 新台

ベラジョン アプリ なくなったk8 カジノ健康・医療情報データプラットフォーム構築に関する覚書を締結仮想通貨カジノパチンコラブ 嬢 新台

パチンコ ファン 感謝 デー 抽選 時間k8 カジノ

ラッキー ブルー カジノ ソフトバンクは2019年3月27日、東京大学と覚書を締結し、健康・医療情報の利活用を促進するデータプラットフォームの構築と、その社会実装方法の検討を開始すると発表した。

 両者は今回、健康・医療情報やライフスタイル情報などを解析し、共に「Society 5.0」の実現を目指すため、覚書に合意。Society 5.0とは、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)、ロボット、シェアリングエコノミーなど、第4次産業革命の社会実装により、人口減少や超高齢化などの社会課題を解決する社会のことだ。

 ソフトバンクは、セキュアで幅広いデータの利活用が可能なプラットフォームを構築し、東京大学は、今後の研究成果をデータプラットフォームに投入する。さらに共同で、このデータプラットフォームを活用した新たなAIソリューションを開発する。なお、この共同研究には、「東京大学センター・オブ・イノベーション(東大COI)自分で守る健康社会拠点」で独自に開発された成果の活用が含まれる。

 今後、共同研究によって得られた成果の社会実装に向けて、2019年秋頃の提供を目指して準備を進めるという。また、ソフトバンクでは、東京大学協創プラットフォーム開発と共同で、この件に関する事業性調査をする予定だ。

 さらに両者は、次世代医療基盤法の趣旨を生かしたデータハンドリングへの対応も、共同研究の中で進めていくとしている。

photo開発予定のデータプラットフォームの活用イメージ(クリックで拡大) 出典:ソフトバンク 「医療機器ニュース」バックナンバー 有機化合物に関する定量NMR法がISO 24583として発行血液中の病因タンパク質を効率的に吸着するナノ細孔繊維を開発使い捨てカイロ技術を活用して手術用スコープの曇りと汚れを解消内視鏡検査動画から大腸ポリープ候補の検出を支援するソフトウェアを発売FAのノウハウを再生医療機器領域へ、3D細胞製品の実用化に向けて共創手術室の稼働率を向上する、手術スケジュールの自動作成ソリューション高画質で手術映像を録画する4K医用レコーダーを発売皮膚上や体内に埋め込んで使用できるセンサー用極薄伸縮性導体を開発BioHEAとレーザー金属AMを組み合わせて、生体骨のような新材料を開発天井全体に無影灯の機能を持たせる天井照明型手術室を開発仮想通貨カジノパチンコau ウォレット ポイント カード

コメントを残す